Entries

Into the woods~ダビット・・・

忙しい・・・んですけどね。チケット取っちゃったんだもん。20ドルだし。
ということで、昨日、うちの大学のサークルが演じる「Into the woods」を観に行ってきました。
日本でも、今年の5・6月に宮本亜門さんの演出で上演してましたよね。シルビアさんや小堺さんが出演されていました。(日本では観に行き損ねちゃったけど。。)作品紹介はこちら

ストーリーは、魔女の呪いにより、子供ができないパン屋とその妻が、呪いを解くために魔女に言われた通り、純白の牛、真っ赤な頭巾、黄色い髪、金色の靴を森に探しに出かけるというもの。おとぎ話3つ(シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木)が出てきて、それぞれのお話が進みつつ、このパン屋夫妻との掛け合いもあり、単純に「めでたしめでたし」で終わらないのが、このミュージカルのおもしろいところのようです。

外国でミュージカルを観るのは、5年前にロンドンで、3年前にシドニーで観た「マンマミーア!」に続き3回目。オーストラリアにいる間に、果たして何回観劇に行くのやら・・・。

劇場はこんな感じ↓

ドラムシアター


ちらしに「大学からたったの15分!」って書いてあったので、てっきり徒歩で15分だと思い込んでいたんですが、前夜劇場の場所を検索して、それが車で15分なことが判明。
車なし子ちゃんの私は、バスで30分かけて行きました。

この劇場はまだ新しいらしく、内装がとってもきれい!
座席数は300くらいかなあ。やっぱり劇場に入ると落ち着く(笑)

席についてみてびっくり。ガラガラだよ・・・最前列と2列目には誰も座ってない。
一応指定席で、私は5列目のど真ん中でしたが、私の左側には誰もいなかったし、右側には親子2人がいただけ。
えーっと、お客さんの数は全部で30人くらい?(汗)

次にびっくりしたのは、生オケだったこと!しかも、ぶっちゃけ四季のオケよりうまい(爆)

舞台装置は手作り感満載でしたが、衣装はメルヘンチックでかわいい~ヤンすもが見たら喜ぶだろうなあ。
よく見ると、衣装にさりげなーく役名が書いてある。シンデレラのドレスにも、ちゃんと「Cinderella」って書いてあったし。おとぎ話を知らない人にも理解できるような親切設計。

物語が進み、木に扮するアンサンブルさん登場。その中に、モヒカンのおもしろそうな人発見。パンフで名前を確認したら、Davidだったので、勝手にあだ名をダビットに決めさせていただきました。

ダビット、予想通り本当に面白かった。
木の次は、シンデレラの馬車の馬→赤ずきんのオオカミ。
オオカミは、チョイ悪親父にしか見えない。頭モヒカンのままで、革ジャン着用。

オオカミの後は、いきなりシンデレラの王子様に変身。でもモヒカン
王子なのに、上半身裸にベスト着用。ラダメス風?(←謎)
それにお、王子・・・そのお腹は・・・きっと幻覚ですよね。エビータだったら、絶対ペロン。下様枠。
王子やりながら、自分で大道具運んだりしてて、働き者のダビットです。

役者さんたち、みんな学生なので、歌やダンスは力不足だけど、フレッシュな感じでよかった~。

最後に3つめのびっくり。カテコがなかった。
役者さんたち、そそくさと舞台袖に引っ込んでいきました(笑)お疲れ様ー!

記念にパンフも購入↓

パンフ


パンフ読んでたら、他の劇団が「美女と野獣」と「ウェストサイドストーリー」をやるとの情報が。
BBは、前に迷ってたほうよりこっちのほうがうちから近いー。
ウェストサイドも観たことないし、「トゥナイ~ト♪トゥナイ~ト♪」が聴きたいな~。

オーストラリアでも観劇ライフ継続中です。
スポンサーサイト



Extra

プロフィール

すもも

Author:すもも
大学院生。南半球在住。

バリトン好き。雅な人好き。

*ご贔屓さん*
高井 治さん
柳瀬 大輔さん
今井 清隆さん
保坂 知寿さん
紗乃 めぐみさん
他多数・・・

今月の観劇予定

5日 王子とこじき(文京シビックホール)
6日 コンタクト(マチネ)
8日 王子とこじき(埼玉公演)
12日 オペラ座の怪人(マチネ)2周年


オペラ座の怪人占い


カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる