Entries

CFY2/25(ソワレ)レポ~その2


続きまして・・・

【石塚パッツィー】
天然ボケのパッツィー。馬が卵から生まれると思っていたり、真剣なミーティング中に手を上げたと思ったらトイレに行きたいだけだったり。

石塚パッツィーもなかなかのボケっぷりを見せてくれましたが、私は相模原公演のときに見た池末パッツィーのほうが好きです。
池末さん、今回の公演では4番手になっちゃったのが残念。。


【八重沢アイリーン】
八重沢さん、スタイルよすぎ
ランクにお色気で迫るときのセクシーさがすごい!無礼で粗野なランクもあれで押されたら断れないね(笑)

一人でプリプリ怒ってるとこもかわいいな~。


【喜納エベレット・ベーカー(ポリー父)】
昭和天皇に激似の喜納パパ。癒し系だっ
ボビーにポリーの手と間違われてキスされた後の表情がなんともいえない(笑)

最後にボビーを追ってデットロックにやってきたボビー母に一目惚れ。見事カップルに

カテコのときに、齊藤ボビー母をエスコートして、微笑みながらダンスしてた喜納パパ。そのジェントルマンぷりがステキでしたよ、オカシラス様~(←関係ない)。


【齊藤ボビー母】
銀行家でリッチなボビー母。

デットロックにやってくる途中に車が故障し、ゴーグル姿で現れたのには爆笑!
喜納パパと末永くお幸せに~☆


【三宅ピート】
三宅さんはうちの妹のご贔屓さんなもんで、ついつい私も注目しちゃいました。
前回はジュニアで拝見したけれど、ピートもかわいいよ~☆
ピートは植物が好きらしく、花に水をやったり、花のにおいをクンクンしたり。

眼鏡姿の三宅さん年齢不詳ですから!
妹に続き、私も三宅さんファンになっちゃった~。


【踊り子のお姉さんたち】
みんなかわいい!サイケな衣装も、デットロックの田舎町で映えまくりでした☆
でも歌はもっと声量がほしかったかな。


【デットロックのにーちゃんたち】
お姉さんたちと同様、まだ全員の名前が覚えられません(汗)
でもみんなそれぞれ個性があって、ショーをやるうちに生き生きしていく様子がよかったです~。


東京公演は生演奏なことろがいいですね。でも、あの~そこのトランペットの君!
大事なところでハズすんじゃないっ(怒)
なんでかなあ。四季のオケは金管がイマイチなのよね。もっと練習してがんばって~!

今回もなんともまとまりのないレポになってしまいましたが、とにかくCFY最高


あ、今夜は高井さんテレビ出演だ
素顔の秘密がついに明らかに・・・。
スポンサーサイト



CFY2/25(ソワレ)レポ~その1


52e72777.jpg

さて、昨日の記事にもちょろっと書きましたCFY。
ガーシュインのノリのいいナンバーに、様々な小道具を使った見事なダンス笑いが何度も起こるストーリー☆
前回の相模原公演では、1階12列目上手の席で観劇したのですが、今回は実質2列目ゼンターブロック。
迫力が全然違いました皆様、CFYを観るなら、ぜひぜひ1階席前方で☆

CFYは大好きな演目のひとつです。
終わったあと、会場を見渡すとみんな笑顔だし、自分もついつい「I got rhythm」を口ずさんでしまいました♪
そんなハッピーなミュージカルCFY。
なんだかCFYを観ると、ちっぽけなことで悩んでないで、明日もがんばろー!って気分になっちゃいます


さあ、本編の感想にまいりましょう。今回で2回目の観劇なのであんまり詳しいレポは書けないかもですが・・・。

先ほども言ったように、席が実質2列目だったもので、瞬きするのももったいなくて、目を見開いて、ダンスの素晴らしさに感動して口をぽかんと開けて、すごい形相で観劇していた私俳優さんたちに見られていませんように・・・。


今回はキャスト別感想にします~。

【加藤ボビー】
昨日も書きましたが、加藤さんはボビーそのものです。
銀行家の母に跡を継ぐように迫られても、ダンスのことばっかり考えているボビー。

ダンスはもちろん素晴らしいですが、表情の細かい動きも◎!
こんなに至近距離から加藤さんのダンスを見られるなんて、贅沢だー(汗飛び散ってたけど)

観劇前に妹に「加藤さんのボビーってどんな感じ?」って聞かれたので、「めっちゃ体が動く。」って答えておきました。
観劇後、妹はその意味がよ~くわかったそうで。(高井さんと同い年なのに←失礼!)ダンスにキレがありまくりです

抵当に入れられたポリー父の劇場でショーをやるため、ザングラーに扮装するボビー。
ポリーに振られ、テスに振られたザングラーと鏡のように同じ動きをするシーンは必見です。息ぴったり

あんなに頼りなかったボビーが、ポリーのために奮闘するうちにどんどん男らしくなっていくところもステキです。

荒川さんと田邊さんのボビーも見たい!


【樋口ポリー】
デットロックで唯一の女性、ポリー。
男勝りっぷりは前回より減少した気がしたけど、やっぱり怖い(笑)
何度見ても、細い体と小さな顔で、どうやったらあんなにパワフルな声で歌えるのかと不思議に思っちゃいます。

怒らせると、とことん怖い樋口ポリーですが、だんだんボビーに恋している気持ちに気づいて女の子らしくなっちゃうんですよね~。
ショーが失敗し、NYへ帰ったボビーを思って歌う「But not for me」。樋口さん、泣いてました。その涙にぐっときちゃったなあ。

最後にデットロックに戻ってきたボビーと踊るときの、純白のドレスかわいい
樋口さんもダンスは文句なしにうまいです!

やはり会場には樋口さんファンと思われる男性のお一人様の姿が(笑)
みんな大きいCFYの袋を持っていたんですが、何を買ったんですか?Tシャツにパンフにキーホルダーに・・・全部グッツ揃えちゃったのかい?


【栗原ザングラー】
細い加藤ボビーと並ぶと、恰幅良く見えてしまう栗原ザングラー(爆)
愛するテスのため、全財産をつぎこんでデットロックの劇場でショーをやります。
「君のためにやるんだ」ってテスに言って微笑まれた後、一人で「よっしゃー!」のガッツポーズ。
栗原さんっていい声してるし、笑いの取り方も心得ていてよかったです。

ずっとテスに嫌われていたザングラーだけど、最後はきっと幸せになったんだろうな。

「い」が「え」になってしまうザングラー語にも要注目!
「ごきたい」が「ごきたえ」に、「いい話」が「ええ話」になってます。


【有永テス】
大好きな有永テス。元宝塚の男役だそうで、そこにいるだけで凛としていて、ザングラーが惚れてしまうのも無理ない!
有永さんもダンスがうまいだけじゃなくて、細かい表情の動きが素晴らしい。
ボビーを応援するところや、おとぼけパッツィーをフォローすることろや、ザングラーに見せた微笑とか・・・もうすべてが私のツボにはまりまして。
目の前で踊る有永さんに目が釘付けでした☆


【牧野ランク】
無礼で粗野で乱暴な男ランク。ポリーの父親の劇場の隣で、ホテルとは呼べないホテルを経営しています。ポリーには何度もプロポーズ(15回だっけ?)しているけど、ことごとく振られているランク。
でももしポリーと結ばれていたら、相当怖いカップルになってたと思うけど。。

この牧野ランクも私のお気に入りです。坊主頭でデカい牧野さん(笑)
こちらもはまり役です。

アイリーンにお色気で迫られるシーンで、あの坊主頭をくるくる触られて目をパチパチしちゃう牧野ランク、面白すぎるっ

最後にカテコで歌って踊っているのを見て、牧野さんも踊れるんだ!とびっくりしてしまいました(←失礼!)。

続く・・・

Extra

プロフィール

すもも

Author:すもも
大学院生。南半球在住。

バリトン好き。雅な人好き。

*ご贔屓さん*
高井 治さん
柳瀬 大輔さん
今井 清隆さん
保坂 知寿さん
紗乃 めぐみさん
他多数・・・

今月の観劇予定

5日 王子とこじき(文京シビックホール)
6日 コンタクト(マチネ)
8日 王子とこじき(埼玉公演)
12日 オペラ座の怪人(マチネ)2周年


オペラ座の怪人占い


カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる