Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の怪人12/28ソワレ観劇レポ~その3~


さて、1幕が終わり休憩時間。私はロビーで『CFY』のプロモに見入ってました(笑)
樋口さんって、すっごい細いのにどっからあんな声が出るのかな~なーんて考えているうちに休憩時間終わり。
さあ、2幕いってみましょう☆

マスカレード
ここでもかんじ様がね~もう!見せてくれるのよ~
クリスをお姫様だっこしてクルクルまわすの、いとも簡単にやってました。
(あれ、北やんは腕がプルプル・・・はははっ)
ダンスがうまいんだよ、かんじ様はさ~。北やんもかんじ様にいろいろ教えてもらってね☆(←いや、マスカレードでの北やんダンスも好きだけどね)

高木さんもダンスが上達したみたいでした☆

支配人のオフィス
「じじいのドンファンは、少しやせてくれなくては~」で、蔵田ピアンジのうっふんポーズ(←Mさま命名?)、おちゃめ。
7人での合唱(?)、息もぴったり。(←でも、何回聞いても誰が何を言ってるのか聞き取れないんですが・・・)

墓場にて
大好きだったパパのお墓の前で歌う高木クリス、目が涙で潤んでたみたいでした。
その涙を見て、こっちまでウルウル

そして、そんなクリスにやさしく歌いかける高井ファントム・・・
この後のエンジェル・オブ・ミュージックには鳥肌が立ちました。
絶妙に溶け合う高井さんのバリトンと高木さんのソプラノ。
ファントムとクリス、2人は見えない絆で結ばれていたんでしょうね。

ドン・ファンの勝利
もうここからの高井さんは見せに見せてくれました
そんな高井さんを見て、涙が出ましたよ・・・無事に復活してくれて本当によかった。

怪人の隠れ家
こんなに感情を表に出した高井ファントムを初めてみました。
高井ファントムって何を考えてるか表に出さないとこが、不気味で冷酷な感じだったけど、今日はクリスへの「愛」を感じました。執着じゃなくて、愛。
クリスのことを心から愛してたのね・・・。

かんじ様は「バンザイ」ポーズで湖に飛び込んでました。(ちなみに佐野さんは「やぁーっ」って勢いで飛びこんだ感じで、北やんはちゃんと体勢をを整えてから飛び込んでた気がする。)
そんなバンザイポースでも、かっこいい男。石丸幹二。
髪が乱れたとこも素敵です

そして最後のクリスのキス。苫田クリスのは「母性」を感じさせる優しいキスなんだけど、高木クリスはファントムの人生すべてへの「哀れみ」と「同情」を感じさせるキスだったかな~。

クリスを抱きしめたいのに抱きしめられないファントム・・・切なすぎる
その後の「I love you」もなんて切ない愛の告白なんでしょう・・・

もうそんな高井さんの演技にすっかりやられて、また涙が出ました。

カテコでは、拍手がなりやまず。(高井さんへの拍手もすごかったけど、かんじ様への拍手がまたものすごかったの!)
治's バイバイまで見られておなかいっぱい。
名残惜しそうに舞台袖へ引っ込んでいく高井さん、かわいいです。

あ、カテコで私のお隣の方がスタオベしてました!!
私は勇気でなかったあ~(間奏曲のときは、千秋楽でスタオベしてる人が多かったからしたんだけどね)

まとめ
長文のレポになってしまいました・・・
今日は、今まで観た中で最高の舞台でした。観にいって本当に本当によかったです。
歌でも演技でも魅せてくれた高井さん、ありがとう☆
また、あの歌声を聴くために私は海に通いますよ。

クリスは、私は苫田さんが一番好きだけど、高木さんもこれからさらなる成長が期待できそう~

かんじ様は、もう言うことなし(笑)。「劇団四季の永遠の貴公子」はい、その通りです(笑)

そして、仕事が終わるように念力を送ってくれた皆様、ありがとうございました☆
この素晴らしい席のチケットを譲ってくださった方にも感謝です!

次の観劇予定は未定。さて、いつ突発観劇再発となるでしょうか。
スポンサーサイト

オペラ座の怪人12/28ソワレ観劇レポ~その2~


今日は、仮面を取られたときの高井さんの怒りっぷりがすごかった!
「地獄へ落ちろっ!!!」怒ったとこも好きだけどね(←なんのこっちゃ)

舞台裏
若いダンサーちゃんたちの前で、調子にのっちゃうブゲーじーちゃん。
マダムに窘められて、恐怖の表情になるとこの演技が細かいねえ。

支配人のオフィス
支配人'sの「ぷり~まっォんな~♪」が面白すぎるーっ!
小林フィルマンかっこいいようラウルやってよ、ラウル。髭ももうついてるしさ。

それにしても、小林さん今週で何週目?
「想像を絶する」が「想像をぞっする」になってたけど、ご愛嬌。

そして、ここでハプニングがっ。
マダムが手紙を手に現れて、全員で「見せてくださいっ」っていうシーン。
かんじ様が勢いあまって、すべって転んじゃった
でも、転んでも絵になる男。それが石丸幹二です。

イル・ムート
ボックス席で、フィルマンさん寝ちゃったよ~
種子島さんのカエルの声、相変わらずかわいかった~

「さあ、バレエだっ、バレエ」の後の林アンドレの蟹歩きには思わず「ぷっ」と噴出しちゃった。

オペラ座の屋上
高木クリス、ファントムの声を聞いたときの「心ここにあらず」な表情が素晴らしいです。
わ~~ここでも幹二スマイル連発!本当にいとおしそうにクリスを抱きしめるラウル。思わずこっちまで顔がにやけましたから!

かんじ様、あなた本当に○○歳?そうは全然見えないんだよなあ。高井さんとあんまり歳変わんないのよね~(←失礼発言?)

2人のラブラブっぷりに激怒する高井ファントム。その表情は残念ながら、私の席からは見えませんでした。
それにしても、高井さんが乗ってるあの天使の像、ゆらゆら揺れてたけど大丈夫?シャンデリアと一緒に落下なんてことがないように、気をつけていただきたいわ。

ここでも高井さんの怒りっぷりはすごい
もう絶対許してくれないよ・・・

そしてシャンデリアが落下。落下したとき、幕の後ろで誰かが受け止めてるように見えたんですが・・・スタッフが体張ってるの??

オペラ座の怪人12/28ソワレ観劇レポ~その1~

では本編行ってみよう!
シーンごとに感想をば。

オークション
初、深見オークショナー☆
なぜかフィルマン的な匂いを感じてしまいました。お金好きそうみたいな(笑)。
「昔の亡霊も~!」のとこは、力が入ってちょっと声が裏返り気味に。でもいいねいいね、この気合が入った感じ♪

そして・・・ラウルってあんなに髭もしゃもしゃだったっけ?あのちょび髭(注:かんじ様はつけてないけど)を伸ばし続けたらああなっちゃったの?!
今日はやたらに髭(おじいさんのときのみ着用)がワイルドでした。

オークションが終わり、シャンデリアが上がって行きます。わ~上がってく~なんで自分のテンションも上がっていたのですが・・・・
シャンデリアの後ろからノッポさんみたいが人が出てきたんだけど!?
あれは一体誰よ?

ハンニバル
種子島さん、どうしたらあんな高い声が出るのかしら~プリマドンナはすごいや。
うふふ、またいつものように立岡じーちゃんレイエに夢中でした
しわがれ声でちょこちょこ動きまわるの、かわいい~

スィンク・オブ・ミー
私は初観劇が高木クリスだったのですが、高井さんと佐野さんばっかり見てたため、あんまり記憶になくって(←失礼)。
でも、今日は美しい高音を聴かせてくれました~
苫田さんはかわいい感じだけど、高木さんは美しい。

さあさあ、待ちに待ったかんじ様ラウル!!!!
クリスをオペラグラスで観察しながら、支配人Sと熱心におしゃべり。「あの子、幼馴染なんだ!素敵だろ~」という声がこっちまで聞こえてきそう。
なんか、昔は妹のようにかわいがっていたクリスが、いつのまにか美しい女性に成長して、それにどきっとして恋が始まっちゃった感じかな。
バルコニーのふちに手をかけて、終始にこにこ笑顔。ああ、その笑顔ずるいよー観客の女性の大半が今日はあの笑顔にやられたに違いありません(私もその一人

クリス部屋
私は、メグは荒井さんが大好きだけど、松元さんも前より歌が上手になったみたい!
メグのおせっかい焼きで、クリスをいつも心配してることが伝わってきたよ~

リトル・ロッテ
かんじ様の「かわいいロッテ」発言。ああ、もう何も言えません、子爵さま!

ザ・ミラー
ラウルが去ってから、オーケストラの打楽器の音が響くともうドキドキ・・・
高井ファントムの登場だよ~~~

「わぁ~たし~のたか~らものに~♪」
きゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~今日の高井さんはすごそうじゃないのっ!

無礼な若造だって?ラウルは若くは…なんでもありません

鏡から出てきた高井さん、瞬きしてない~~前回は瞬きしまくりだったから、本当に具合が悪かったのね・・・。

怪人の隠れ家
高井さんのマントばさ~っ&髪なでつけ攻撃にくらくらしましたわ・・・
そして、あの手の動き!やっぱり美しい☆(ちなみに今日も触ってましたよ・・・何をって聞かないでね笑)
ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイトでは聴かせてくれました。はあ、ため息ものです。
ちなみに、私の目の前で高井さんが「歌え、私のために!」なんておっしゃるもんで、クリスと一緒に歌いそうになっちゃったじゃないの。

続く・・・


オペラ座の怪人12/28ソワレ観劇レポ~はじめに~


今観劇から帰ってきたところです~。
さあ、興奮さめやらぬうちに、早速レポを書きたいと思います

前回のオペラ座の怪人観劇は10/29マチネ。高井さんが喉の具合を悪くされた日で、翌日は急遽村さんに交替。大きなショックを受けました。

前回の観劇から2ヶ月も空いてしまったのは、なかなか観に行く都合がつかなかったのもあったけど、また高井さんの具合が悪くなったらどうしようと考えて恐くなっていたのかもしれません。

でも、今日観に行ってみて、やっぱりオペラ座の怪人と高井さんが大好きなんだってことに気付かされましたよ~~~

高井さん、あなたは本当にすばらしいよ
私は今年、あなたに出会えて本当に幸せでした。来年もあの天から降り注ぐ光のような歌声を響かせてね。

と、なぜか高井さんへのメッセージになっちゃった

本編に行く前に、今日のキャストを書いておきます。

オペラ座の怪人: 高井治 クリスティーヌ・ダーエ: 高木美果
ラウル・シャニュイ子爵: 石丸幹二 カルロッタ・ジュディチェルリ: 種子島美樹
メグ・ジリー: 松元美樹 マダム・ジリー: 秋山知子
ムッシュー・アンドレ: 林和男 ムッシュー・フィルマン: 小林克人
ウバルド・ピアンジ: 蔵田雅之 ムッシュー・レイエ: 立岡晃
ムッシュー・ルフェーブル: 深見正博 ジョゼフ・ブゲー: 岡智

男性アンサンブル
内海雅智 斉藤翔 島田道生 小倉祐樹 佐藤圭一 塚本伸彦

*内海さんがオペラ座に!!この前間奏曲終わったばっかりなのに、お疲れ様です。あ、でも間奏曲は出番が少な・・・なんでもありません(汗)。

女性アンサンブル
種市万里子 石野寛子 江寿多知恵 華山ソナ 岸千恵子 黒田あきつ 崔珠美
野坂華代 畠山馨 長谷川美和 町塚明子 大橋りさ 


本編へと続く。

12/23間奏曲(千秋楽)レポ~その2


続いて、他の方の感想を・・・

*坂本イザベル

坂本さん、本当におきれいでした
舞台衣装は、白いシャツに赤いスカート、白いシャツに紫色のスカート、白いワンピース。
どれもシンプルなのに、坂本さんが着ると清楚で素敵☆
あんな先生に授業習いたい~

現実よりも、超現実的なものに惹かれる夢見る若い女性の演技も自然。
そりゃあ、あの白塗り幽霊さんも好きになっちゃうよねえ。

*味方検査官

理屈っぽくて冷たい人物かと思っていたら、全然違いました
確かに理屈を述べ立てるけど、優しくてちょっと頼りない。
それに細~~~~い。
柳瀬幽霊と並ぶと、さらに細さが際立ってました(笑)

味方さんって、写真だとちょっとお歳?と思っていたけれど(爆)、今日の舞台では写真より10歳は若く見えましたよ!

31日のマジョリンのTV放送、絶対見なきゃ(味方さん、ニラミンコだもんね)

*マーティン首切り役人

マーティンさんって、すごいいい声なんですよね。でも台詞がなまってて、そのギャップ(?)に笑えました。

最後は、町の人の役で登場していたけれど、その時は人のよさそうなマーティンスマイルを振りまいてました。

*藤田&北村マンジュボア姉妹

もう夫婦漫才ならぬ、姉妹漫才!?2人の掛け合いがおかしかった~

*イザベルの生徒たち

みんなかわいい~衣装もラブリーでした☆

*幻の内海さん

町の人は、柳瀬幽霊に抱きしめられて気を失ったイザベルを、歌を歌って呼び起こそう!っていう、最後の最後のシーンでしか登場しません。
幕の最初から待機してたのかな~大変だな~。

オペラ座カンパニーの方々は、素敵な歌声を響かせてましたよ。
内海さんは鍛冶屋さん(?)の役だったと思うんですが、ばっちりソロがあった!
やった!、見せ場があったね内海さん♪その調子で、これからはもっと姿を現してね☆

最後に・・・
・この間奏曲が私にとって初めてのストプレでした。
ストプレって台詞が長~~~いんですよね。しかも、間奏曲の場合、台詞の内容がかなり難しい。あの長台詞を忘れることなく、演じきっていて感動しました。

・自由劇場というあの舞台との一体感のある劇場で、楽器の生演奏!贅沢でしたよ~

・今回は前から3列目の上手ブロックでの観劇でしたが、柳瀬幽霊が上手にいらっしゃることが多かったので、おいしかったです(笑)
カテコで、薄笑いを浮かべていた柳瀬幽霊の姿が忘れられません。死の世界へ・・・あなたとなら行ってもいいわ(←破壊寸前)

また再演が決まったら、観にいきたい!!

12/23間奏曲(千秋楽)レポ~その1


7a9db9b2.jpg
本日ひっそりと千秋楽を迎えた間奏曲に、今年の〆観劇として行ってきました。

お話はちょっと理屈っぽくてわかりにくいところもあったけれど、くすくす笑いもたくさん起こり、あっという間の3時間でした。
舞台装置もまるで絵本の中みたい!

さてさて、間奏曲で一番気になる人・・・それはやっぱり柳瀬幽霊!!
あの初日のカテコの写真がアップされたときには、世間を騒がせましたね(笑)

というわけで、まず柳瀬幽霊について書くことにします。

・特徴1~夕暮れの黄昏時に出没

幽霊と死の世界に惹かれるイザベルは、黄昏時に幽霊に会いに湖のほとりに行きます。
舞台の照明が暗くなって・・・・出るよ出るよ(ワクワク

出たーーーーーーーー!!森の中からぬんっと出てきました。

・特徴2~白塗り

見事な白塗りです!それに緑色の照明があたって、なんとも神秘的?!
当たり前ですが、手まで白塗りなんですね~

・特徴3~デカい

とにかく体格がいいです。長~いマントを身につけていらっしゃるせいか、なおさらデカくみえた(笑)

味方検査官が細~~~~いので、幽霊との対比がなんとも滑稽☆
味方さんのほうがあっさり死の世界に入っていけそう(爆)

幽霊って、今にも消えてしまいそうな儚げな人をイメージしてたんですが、めちゃめちゃ健康的な感じ。お肌もつやつやよ

・特徴4~癒し系

森の中で、イザベルの生徒の一人が幽霊に出会い、突っついてみるシーン。

少女:つんつん(←柳瀬幽霊の体を突っつく)

柳瀬幽霊:ゆらーんゆらーん(←でかい体が左右に揺れてる笑)

かっかわいい。

・特徴5~じょっ蒸気が!

柳瀬幽霊、いい声でしゃべるんですよね~
でも、おなかから声出すのはいいんですが、ちょっとハキハキしゃべりすぎて口からツバじゃなくて蒸気が出てました・・・劇場の中、そんなに寒くなかったんだけどなあ(笑)

柳瀬幽霊が登場するたびに、笑いをこらえるのに必死でしたよ



今年1年の観劇を振り返って(下半期編)


・8月

8月7日オペラ座の怪人(マチネ)高井ファントム、高木クリス、佐野ラウル
何の予備知識もなしに観に行ったオペラ座の怪人。
そこで出会ってしまいました、あの方と。そう高井さんと!(運命の出会いですわ)
今まで聴いたことがない歌声・・・魂を揺さぶる歌声だあっ。

観劇前は正直、オペラ座の怪人にこんなにハマるとは思っていませんでした。
高井さん、プラヴァ!

・9月

9月17日オペラ座の怪人(ソワレ)高井ファントム、佐渡クリス、佐野ラウル
行ってしまいました~オペラ座に。いやあ、1ヶ月もすると禁断症状が出ちゃうのよねえ。この頃から突発観劇を学習しました。

9月24日アスペクツ・オブ・ラブ(ソワレ)石丸アレックス、保坂ローズ、光枝ジョージ、紗乃ジェニー、大平ジュリエッタ
私はもっとさわやかな話を想像してたもんで、どろどろ昼ドラかい!なストーリーにはじめは衝撃を受けましたよ・・・。
でも音楽は素敵だし、ジョージのローズとジュリエッタに対する気持ちは『恋』だけど、前妻ディリアとジェニーに対する気持ちは『愛』なんだ、とかちょっと深い部分がわかると好きな作品になりました。

保坂ローズの「行かないで~」に鳥肌が立ちました。私がアレックスなら行かないな、うん。

もう紗乃ジェニーがかわいすぎるっ
アレックスと闘牛ゴッコするとことか、顔がにやけました(危なっ
後から聞いたら、隣の席で妹もにやけていたらしい・・・危ない客ですみません。
歌が上手だし、ジェニーが若いからこそストレートにアレックスに思いをぶつけるところも、切なくてよかった。
「なぜ待てないの」と泣きそうな顔で歌うところは、こっちまでうるうるしちゃったよ~紗乃さん。
この観劇以来、紗乃さん大好きになりました。

・10月ようやく四季の会に入会(遅っ)

10月29日オペラ座の怪人(マチネ)高井ファントム、苫田クリス、北澤ラウル
前から3列目センターブロック下手よりの、オペラ座ファンにはたまらない良席での観劇。
でも、この日高井さんの体調が悪くなるなんて・・・本当にショックでした。
でも翌月無事に復活した高井さん、これからはあんまり無理をしないでくださいね。

苫田クリス、これまた運命の出会いです。小さくてかわいいし、演技が素晴らしい!
ハンニバルで5番ボックスをじーっと見つめてるところ、仮面を取るときのいたずらっぽい表情、最後のシーンでゆっくりベールをはずすところ、そしてやさしいキス。
苫田さん、大好きです

北澤ラウル。ふにゃ~って笑顔がかわいい。若造なとこもいいですねえ。
苫田クリスとお似合いで、オール・アスク・オブ・ユーとか見ててにやけちゃった。

・11月

11月5日クレイジー・フォー・ユー相模原公演(マチネ)加藤ボビー、樋口ポリー
もう、おもしろくてダンスすごくて泣きました。
ハッピーエンドなもんで、スカっとしたいときにおすすめの作品です。
早く東京公演始まって~

・12月

12月3日キャッツ(ソワレ)
2回目の観劇となったキャッツ。猫さんたちの区別も少しずつついてきたし、来年こそは全員完璧に見分けてやるーーー!!できれば、回転席で。


こうやって振り返ってみると、私ってまだ観劇回数少ないな~と。
来年は倍増しそうで怖いですよ。

今年の〆は23日の間奏曲の予定です。汐留に行こうかまだ迷ってるんだけどね。。


今年1年の観劇を振り返って(上半期編)

寒い寒い寒い寒い。
今年もあと2週間で終わってしまいますね。というわけで、今年の私の観劇ライフをしみじみと振り返ってみることにいたしました~

・1月

1月5日ライオンキング(ソワレ)
私が四季デビューを果たした作品です。ずっと観に行ってみたいと思いながら、なかなか行けず、9月から予約して待ちに待った観劇となりました☆
当時は、四季の俳優さんの名前は一人もわからず、キャストが載った紙の存在さえ知らず・・・あの日、どなたが出ていらしたのか、わからない~(後悔
たぶんシンバは李さんでした。

もうとにかく感動して、観劇直後から「ずんずんずん~ど~ざど~ざなまげ~なまげ~」(注:大草原より)と歌いまくってました(なんでこの曲

1月29日キャッツ(ソワレ)
S回転席で回った~~~隣の席の男性3人組(キャッツTシャツ着用)がかなりのキャッツ好きらしくて、○○さんがさ~とかマニアックが話しをしており、初観劇の私と妹はびびりまくってました

大月ヴィクと目が合うし、百々スキンブルとはがっちり握手が交わせたし・・・猫屋敷最高☆

・2月

スペインに行っていたので、観劇なし。

・3月

大学を卒業。一人暮らしを始めるための準備に追われ、観劇なし。

・4月

新社会人になる。バタバタしてたので、観劇なし。

・5月

5月4日夢から醒めた夢(ソワレ)吉沢ピコ、紗乃マコ、下村配達人のおじさん
ロビパフォに感激ロビーにいるの、お人形かと思ったらクリスティーヌ=ゼンダーさんだった。びっくり。
吉沢ピコも紗乃マコもとってもかわいかった☆
光枝デビルに惚れました。だっておちゃめなんだもん。

・6月

なぜか観劇なし。

・7月

なぜか観劇なし。

キャッツ12/3(ソワレ)レポ

今年1月、S回転席で回ってから、2度目のキャッツ観劇に行ってきました~(2階1列ど真ん中の席)。

開演前、ロビーにあるモニターに釘付けになってました。。
LKのCMが流れてるではありませんか!ずっと気になってたんだよなあ、北やんシンバ。
村さんがラーメン屋に行列しながら、ケータイでチケットを予約すると、「うぉーーー!!」と雄たけびを上げながら出てきたよ、北やんシンバ!!
他のシンバよりちょっと細くて白かったけど、ちゃんとシンバだった(笑)。よかったよかった。

開演時間が近づいたので席に着いてびっくり。ど真ん中です!(2階だけどね)。

ドキドキ待っていると、ついに始まりました~キャッツ!

始まってすぐに劇場全体が暗くなって、猫さんたちが光る目をつけて客席にやってくるんだけど、ここで信じられないことが・・・・。
1匹の猫が私に顔を近づけてきたんです。そのときはびっくりして、誰だかわからなかったんだけど、その猫が隣のブロックに移動したときに見たら、たぶんあの方でした・・・蔡暁強さん!!!!!!!

でも暗かったから自信ないよう。白いレッグウォーマーにピンとした耳の猫だったんだけど、妹に話したら「ランパスキャットじゃない?」って言うし。。
もし蔡暁強だったなら・・・嬉しすぎて死にますわ(爆)

劇中も、蔡さんばっかり見てたなあ。ミストって舞台中央にいることが多いもんで、勝手に目があったと勘違い。テンションが上がってる危ない客になってました。
やっぱり蔡さんミストはすごい!アクロバティックな演技には目を奪われます。

もう1匹、私が好きになった猫がいました。それは鈴木ドッツ☆
前に見た、高島田ドッツもよかったけど、鈴木ドッツもかわいかった~
すっごく小さくて、笑顔がかわいい~

デュト様は青井さんという方で、今年オーディションに合格した新人さんだったようです。まだちょっと慣れてない感じだったかな。

キムタガーはかっこよかったあ
歌い方がかなり独特で、ごむごむごむ~~のとこは高音で歌ってました。
2階席では無理と知りながら、「連れ去ってくれ~~~」オーラを出してみた私。。
1階5列目あたりの小学生くらいの女の子が連れ去られてました。いいなあ。

握手はコリコパットでした。

だんだん猫さんたちの区別がついてきたから、次に観るときは完璧に見分けてやるーー!!
一度、S回転席センター最前列を体験してみたいものです、はあ。

オペラ座の怪人のCM

結局、1回しか見ることができなかった(TT)
日テレをつけるように心がけてたんだけどなあ。
なんなら、高井ファントムオンリー版CMとか作って欲しかった!
薄笑いを浮かべた高井ファントムが「観に来てね☆」って言うとか(汗)。

チラシの写真もマスカレードになってる!私としては、高井ファントムが写ってる写真を使って欲しいよう。主役はファントムですからっ。

この前までのチラシの写真(ファントムとクリスがボートに乗ってるやつ)って、今井ファントム盤の歌詞カードの写真と同じ?!
ってことは、あのファントムは今井さんで、クリスは井料さん?

蔡さん☆

本日、キャッツソワレに行ってきました。
大好きな蔡ミスト、最高だった~~~☆
キレのあるダンス、高いジャンプ、しなやかな身のこなし・・・
2階1列センターの席から、熱い視線を送ってしまったわ。

レポは明日にでもアップしようっと。

キャッツ観劇マニュアルその3

【ガス劇場猫】
出てきて奥に戻ろうとするガスをジェリロがやさしく引き戻します。ガスの歌を聴きながら、他の猫さんたちを観察しましょう~
右の階段では、カッサン&タンブルがラブラブしています♪
その奥、プレハブの上ではカーバが爆睡zzz 起きると、黄マキャにちょっかいを出すのですが、じっと見られてびっくりしちゃいます。

舞台中央では、我慢できずにコリコが居眠り。シラバブは歌をちゃんと聴いています。
レンジの上では、タガー&ボンバルがいちゃいちゃ♪(←ここは役者さんによって違うので、要チェックーーー!)


【グロールタイガー】
クリューミストの髪型、かわいいバージョンがあるのでチェックしましょう。
クリューたちのリアクション、おもしろい☆

シャムネコ軍は隊長に大注目!千葉ギルの場合は、棒術を使うので、お見逃しなく。


【スキンブルシャンクス】
寝ているスキンブルをタントがやさしく起こします。
やくざがマンカスとギルが尻尾ヌンチャクで対抗!ノリノリのシーンです。


【マキャビティ犯罪猫】
ディミとボンバルの違いに注目。


【マキャビティーファイト】
マキャと戦います!マキャに飛びつくディミ、強いっ。
応戦したマンカスが傷を負いますが、タントがやさしく手を差し伸べます。


【ミストフェリーズ】
ミストがいろんなマジックを披露♪凍結魔法は要チェック!
マンカスがタガーと踊るシーンも見もの☆


【天井への旅】
グリザは喜んでいるというより、戸惑った表情を浮かべてるかな。
猫さんたちは、それぞれ喜びを表現します。


【猫にご挨拶】
最後のナンバーはしんみり聴きましょう。


以上、キャッツ観劇マニュアルでした~
いやあ、初心者にはあんなにいっぱいいる猫さんたち、一匹一匹の動きにちゃんと注目できるとこに感心しちゃう。

さあ、私もがんばるぞ~

キャッツ観劇マニュアルその2

【バストファージョーンズ大人物?】
バストが出てきた瞬間、マンカスが嫌な顔をします。嫌いなんだろうな~(笑)
オス猫たちが歓迎しますが、話の途中で寝てしまう猫さんも。

ごちそうのシーンでは、お皿をみんなで回していると思いきや、捨ててしまっている猫さんもいます。
カーバや、ランパスに渡す皿を巨大サイズにしているのも笑える。。
カーバはシラバブのところに料理を置いて行きますが、ジェリロは「食べなくていいのよ」とでも言うかのように、シラバブの尻尾を持っています。

【マンゴジェリー&ランペルティーザ】
車のボンネットから登場!息のあったダンスを堪能しましょう~
マンゴがランペルの尻にしかれてるのは、レンジの上のリアクションでわかるかな?
リフトにも注目!!


【オールドデュトロノミー】
スキンブルはおねだりするような視線をマンカスに向けます。マンカスがうなずくと、喜んで長老をお迎えに☆
長老が出てくるとき、タガーが座ったまま恭しくお辞儀をするのがいいです♪


【ジュリクルボール】
かなり激しいダンス!!マンカスのリフトの多さに注目~~~
マンカスは劇中、計10回以上リフトをするのですが、そのほとんどをこのボールでやります。

音楽がロック調に変わると、ランパス&ボンバルが連れ立って飛び出してきます。
グリザは踊ろうとしてジャンプするけれど、ボロボロの尻尾を見て現実を悟ります。切ない・・・。


【幸せの姿】
ピンクのライトのもと、猫たちがダンスします。シラバブの透き通った声が素敵☆




キャッツ観劇マニュアル

キャッツ大好きな妹が、キャッツ初心者の姉に送ってくれた、キャッツ観劇マニュアルはこんな感じでした~

【舞台が始まる前の心得】
まず席に着く前、周りのゴミを散策しましょう。一階の音響装置近くに、6000回記念のときに作られたアルバムがあります。
それをめくると、キャッツの歴史がわかります。

開演時間が近くなり、席についたら、片目をつぶり暗さに慣れておきましょう。
始まったとき、その猫が近くに来たかわかります。


【ジュリクルソング】
ここで注目すべきは、グリザの体型(爆。注:重水グリザ)。レンジの上にいます。
このシーンは、激しいダンスが見ものなので、全体を見渡す感じで。


【ネーミング・オブ・キャッツ】
二階の真ん中なら(注:今回2階席センターで観劇予定なので)、ギルバートが鎖を登って上に来ます!
他の猫さんも来るので、役者さんの生声を聴いちゃいましょう。

そして、マンカスがジュリクルムーンを背にかっこよく舞踏会の始まりを告げるシーン☆必見です!
猫さんによって動きが違うので、楽しめます~


【ジェニエニドッツおばさん猫】
ここではすっごく小さいドッツ(注:鈴木ドッツ)に注目!
ねずみが3匹出てきますが、ランペル&シラバブ&カッサンです。

コートを脱ぎタップ♪
通路で待機している、マンカ&ミストを見るのも楽しい。


【ラムタムタガーつっぱり猫】
舞台の左側の空からタガーがかっこよく登場します!
メス猫たちはノリノリですが、ふてくされてるオス猫たちを見るのもおもしろい。

シラバブは、舞台右側でスリッパと戦っているか、パンダのぬいぐるみと遊んでいます。

お客さんとタガーのダンスを見て、嫉妬ぎみのメス猫たちの反応もお見逃しなく~


【グリザベラ娼婦猫】
猫さんたちの表情が一瞬にして凍りつきます。ミストなんて、グリザを見ようともしない・・・
そんな中、シラバブの暖かい視線には和まされます。

キャッツ突発への道

キャッツは今年の1月に1回観た限りだった。
なぜかというと、うちの妹はキャッツが大好きで、観に行くたびにレポをメールで送ってくれるので、自分まで観劇した気になっちゃって、禁断症状が抑えられていたのですよ。。

でも今週はじめ、急にキャッツ観たい病にかかってしまいまして。
「でもなあ、今月は間奏曲観に行くし。新しいコートも欲しいし、ブーツも欲しいし・・・ブツブツ」といじいじ迷ってると・・・なんだか陽気な音楽が聞こえてきました。

「ハクナマタタ~心配ないさ~お金のことは~♪」

なぜか、ハクナマタタが聞こえてきちゃいました。

「そ、そうだよね!こんなこきこそ、ハクナマタタだっ!うおおおお~(なぜかシンバ化。行き先間違えないでね、春劇場じゃなくって、キャッツシアターだよ。)」

こんな次第で、あさって土曜日に、キャッツを観劇予定です。

でも、なんせ1回しか観たことなくて、猫さんたちも「誰が誰か~」状態なもんで、不安不安。今の今まで「ジェミマ」を「ジャミマ」だと思っていた(汗)。

妹がメールで作成して送ってくれた「キャッツ観劇マニュアル」を見ながら、見所をチェックに励む日々。

さあ、猫さんたちの名前全部暗記がんばるぞ~(それくらいすぐ憶えろって突っ込まれちゃいそう汗)

さてさて

>気持ちを切り替えて・・・(ITに弱いということは忘れよう。。)

やっぱり、劇団四季のオペラ座の怪人について書いちゃおうかなあ。

オペラ座の怪人との出会いは、今年の8月。
何の予備知識もない状態で観劇しました。
そして、出会っちゃったんです、あの方に。高井ファントムに。
なっなんの~~~この素晴らしい歌声は?!?!
初回の観劇のことは、ほとんど高井さんのことしか覚えてません。。

それ以来、高井ファントムの美声を聞きたくて、9月に1回、10月に1回、計3回の観劇を果たしたのです~
もちろん、先日の先行予約にも参戦!1階下手よりの良席をゲット!!
待っててね~高井さん♪

12月はチケット持ってないんだけれど、キャスト次第で突発しちゃうかなあ。
だって、高井さんが囁くんですよ。「(お金を)使え!私のために!」ってね。。

日に日に冷え込みが厳しくなる中、私の懐の冷え込みも厳しくなってゆく・・

記事第1号

ブログを作ってみたものの、まだやり方がよくわかってない・・・

Extra

プロフィール

すもも

Author:すもも
大学院生。南半球在住。

バリトン好き。雅な人好き。

*ご贔屓さん*
高井 治さん
柳瀬 大輔さん
今井 清隆さん
保坂 知寿さん
紗乃 めぐみさん
他多数・・・

今月の観劇予定

5日 王子とこじき(文京シビックホール)
6日 コンタクト(マチネ)
8日 王子とこじき(埼玉公演)
12日 オペラ座の怪人(マチネ)2周年


オペラ座の怪人占い


カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。